もも、ミルク

全てに価値はある

「フリーター=ちゃんとしてない人」なのか?

もくじ

 

f:id:nokakamon:20170919221842g:plain

 

もしかしたら、それは狭い見方の中かもしれない

”フリーター”

彼らに対する日本人の見方は厳しい。

不安定、定職についてない、結婚できない、フラフラしている・・

世間体や給料の面からも生活するのには厳しいのではないでしょうか。

 

そういう私も「フリーターはちょっと・・・」って思っていました。

正直、自分がなったらちょっと恥ずかしいし、親にも申し訳ない。

だから絶対になりたくないと思っていました。

(今でも、フリーターはやりたくないと思っていますが、それには個人的な理由があります。)

 

30歳や40歳でアルバイトとして働いている人を知っていますが彼らを見て、自分はそんな大人にはならないと心に決めた時もありました。

しかし今は少しその気持ちや考えに変化がありました。

 

現在では、そうやって心の中でだいぶ見下していた自分が逆に恥ずかしいです。

  

フリーターというイメージでひとくくりにしない

確かにフリーターというと、定職についておらず不安定。

そしてなんかちゃんとしていないみたいなイメージがあります。

そうゆう人もいます。実際にそうゆう人も知っていますが、全員が全員そうではないという当たり前のことに最近気づきました。

お恥ずかしながら。

 

アルバイトとして働きながら夢を追いかける人を見つけたから。 

画家を目指している人

本気でバンド活動をし、メジャーデビューをした人

カメラマンを目指している人

バイトで忙しい中でも、難しい正社員試験の勉強をし見事、社員さんになった人

 

本当にいろんな人がいる。

そんな風に自分のやりたいことを精一杯やるためにアルバイトをしている人もいるし、正社員になるために努力している人がいる。

勝手にフィルターを自分の中で作っていたけれど、皆、絶対にアルバイトでみる姿とは別の姿がある。

 

だから私はただその人のある一面だけを見て判断していたのだと気づきました。

それと同時に、なんで人の人生に自分が口出しして、良し悪しを勝手に決めつけていたんだろう。と我に帰りました。

 

 その人生の良し悪しはその人にしか決められないし、自分の人生も、他人がその良い悪いを決められない。

 

周りの目を気にするのはやめて、自分のやりたいままにやれば良い。

それでも周りが気になるなら周りを気にして生きれば良い。

自分が一番納得することを選択すれば良い。

 

ただ、他の人の人生や選択をその自分の目線で見るのは一度立ち止まって考えることが必要だなって思いました!